【コロナうつから自分の心を守ろう!うつ病に移行しないための予防や対処法】

コロナうつ予防をして、コロナうつから自分の心を守ろう

新型コロナウィルスの感染者が増えることで、2020年4月7日に緊急事態宣言がなされ、4月28日現在では緊急事態宣言が延長されるかもしれないという話も出ています。

 

外出自粛・学校の臨時休校・様々な施設の休業要請・テレワーク業務の増加・失業・会社の先行きなど様々な制限で不安が増え、普段と変わった生活をすることになっています。

 

4月12日、19日の各日曜日は某駅やショッピングモール前を車で通過したときほとんど人気がありませんでした。

4月26日の日曜日は、上記2日間と比較して、圧倒的に外出して駅やショッピングモールに来る人が増えていました。

 

ストレスが強すぎて外出自粛要請でも外出するくらい、ストレスが大きくなっていることが伺えます。

 

新型コロナウィルスに起因する、心の不調にならないように自分の心を守る必要があります。

 

原因や予防法、コロナうつの対処法についてそれぞれ解説していきます。

  1. 1,コロナうつとは
  2. 2,コロナうつ10のストレスチェック
  3. 3,コロナうつ原因と予防法
  4. 4,コロナうつのような症状が出てしまった時の対処法

コロナうつとは

想像はつくかもしれませんが一応説明しますと、新型コロナウィルスによる様々な制限,休業や失業,人と接する機会がないといったことで、ストレス解消ができず、ストレスが溜まってしまうことで、うつ病と似たような症状が出てきます。

 

うつ病とまではまだ言えず、うつ病になってしまう手前までの状態を指します。

 

具体的な症状は、落ち込む、やる気が出ない、不眠症などうつ病が弱ったような症状が出ます。

コロナうつ10のストレスチェック

まず、新型コロナウィルスに起因していることが前提です。

  1. 1,不安がだんだん強く(大きく)なっている
  2. 2,しっかりやすんだはずなのに疲れが取れない
  3. 3,仕事や受験など将来が心配
  4. 4,不眠症の機会が増えた
  5. 5,なにもできないことにイライラする
  6. 6,頭痛が増えたまたは悪化した
  7. 7,コロナニュースを見ると落ち込むことがどんどん増えている
  8. 8,感染するかもしれないと過敏になっている
  9. 9,食欲が落ちたり、腹部に違和感がある、胃痛がある
  10. 10,集中できなくなったり、やる気が出なくなった

上記の中で当てはまる項目が多いほど、症状が強いほどコロナうつの原因を理解して予防を早急に行う必要があります。

 

当てはまりすぎる人は、新型コロナウィルスに起因とするうつ病への本格的な移行に備えなければなりません。

なぜ『新型コロナウィルスに起因する』と限定したかは、目次最後のコロナうつの症状が出てしまった時の対処法でお話します。

コロナうつの原因と予防法

コロナうつの原因

コロナうつの最大の原因はなんといっても、行政による様々な制限やいつ感染するかもしれない不安や恐怖、そして金銭面という現実的な生活問題という、様々な要因のストレスに他なりません。

 

外出せずに家の中で過ごすことが増えたり、人と話す機会が減っていることもストレスになりえます。

 

ただ、もともと在宅ワークをしていた人など生活に変化がない人はストレスがすくないかもしれません。

コロナうつの予防法

チェック項目の症状が起きるのは、何らかのストレスが原因となっています。

根本的な原因を探し出し、逆のことをすることが予防になります。

 

外出していないことが原因であれば、感染予防しながら外出します。

例1)他者と接触の少ない場所を一日に何回か散歩してみる

例2)ドライブしてみる。人が多いところでなるべく下りない

例3)友人や職場の人と電話する。※TwitterやInstagram、LINEなどの文字の画像をみるだけではなく、声を聴いたり、テレビ通話など動画で会話することが大切です。

 

ちなみにワイエスハートケア代表者は、例1と2をやってます。

人が少ないところを一日に何度も外出したり、嫁さんを職場まで音楽を聴きながら車で送って(往復2時間半)みたりですね。

 

3は実行できないんですよね~・・・精神疾患を機に友人が大幅に減りましたし、外出規制で仕事関連者と話すことはなくなりました。あ~~~早く外出して飲み会とか行きたいです!!

 

例1~3以外にも自分でストレス軽減できそうなことを探してとにかく実践してみてください。

コロナうつの症状が出てしまった時の対処法

うつ病のような症状が出てきてしまっている方も、予防法と大差ないのですが、より、元の生活に近づけるようにしてみることで、症状は軽減されることが多いと考えています。

 

うつ病に近いとは言っても、適応障害の一種であり、新型コロナウィルスを起因として、限定的な原因で症状が出ていると考えられます。

 

このことから、新型コロナウィルスの特性を理解し、予防しつつ、なるべく元の生活に近づけるようにすることが回復へとつながります。

 

もし、うつ病に移行している可能性がある場合は、早期にカウンセリングを受けることをお勧め致します。

 

 

以上になりますが、何か疑問や質問がありましたら、ワイエスハートケアまでお気軽にご相談ください。

【うつ病発症からうつ病の回復に至るまでの軌跡】

うつ病について

今日はうつ病に特化してお話をしていきます。

 

2019年時点で、国内に約500万人うつ病の方がいるといわれています。

 

うつ病は怠けているといまだにいう人がいますが、怠けるどころか非常につらいもの。

 

ワイエスハートケア代表者も非常につらい思いをしました。

病院に通い、薬を処方していただいていましたが一向に回復の気配はありませんでした。

 

今回は、当時のうつ病の症状・どのように過ごして、どのように回復に至ったかについてお話していきます。

  1. 1.うつ病について
  2. 2.うつ病になった経緯
  3. 3.うつ病時期にどのように過ごしていたか
  4. 4.どのようにしてうつ病から回復に至ったか
  5. 5.心理職になったきっかけ

うつ病について

精神疾患とは(一般論)

脳の働きの変化によって、感情や行動などに著しいかたよりが見られる状態のことです。 統合失調症やうつ病、双極性障害などが挙げられます。

 

精神疾患の分類(DSM-5より)

    • ・外因性精神障害・・・ウィルスなどによる完成んや薬物、依存性のある嗜好品、脳の外的損傷などの要因によるもの。さらに脳器質性精神障害・身体器質性精神障害・中毒器質性精神障害に分類される。
  • ・内因性精神障害・・・脳機能障害(神経伝達経路の異常など)または遺伝などの要因によるもの。
  • ・心因性精神障害・・・社会環境が心理に影響を及ぼす要因によるもの。

分類から見るうつ病について

うつ病は、外因性・内因性・心因性それぞれにありうるものですが、一番多いのは心因性であり、社会環境を原因として発症することが非常に多いです。

 

うつ病の症状

うつ病とは、気分の落ち込みや仕事や勉強の意欲低下、無気力、不眠、食欲の低下、希死念慮などが主症状で、各種症状の発症原因が他の身体疾患・精神疾患では説明できないことが基準となります。

 

個人的には、夜はやる気があったのに朝になるとやる気が出ないということもありました。

うつ病になった経緯

僕の場合は原因がはっきりしています。以下の通りです。

 

  • ・過密な業務スケジュール・・・法人代表取締役時代、業務時間が平均20時間/日平均、休みは基本ゼロで体調が悪い時のみ休み。
  • ・何もかも背負い込み、自分で何とかしようとする・・・自分で業務をこなすほうが早いと、一人9役(車検整備や一般整備・電装整備・鈑金・塗装・販売買取・オークション業務・中古車検査・事務・保険代理店業務)行っており、従業員には一部しか割っていませんでした。
  • ・夫婦関係の不和・・・当時の奥さんとの仮面夫婦生活が7年継続していた。
  • ・友人従業員との関係の不和・・・プライベートでは仲良くしていたが、仕事となると使用者と労働者の関係でめちゃくちゃになる。
  • ・上記4つから業務が回らなくなり、売り上げを上げないと会社がつぶれてしまう!もっと頑張らなきゃ!!で、上記4つがさらに悪循環。

 

上記の状態が継続し、ある日突然うつ病の症状が出てきました。自分では『怒りっぽくなった気がする』という程度にしか思っていませんでしたが、友人従業員が『最近おかしい』と思ってたらしく、病院の精神科に連れていかれることとなりました。

うつ病時期にどのように過ごしていたか

とにかく仕事をしなきゃ!!という気持ちばかり先立ち、体調の悪さから空回り。業務はだんだん回らなくなり、病院では薬が複数出されて(抗不安薬3種類、胃腸薬、吐き気止め)それでも悪化が続くことから抗うつ薬を処方されることとなりました。

 

睡眠薬は仕事の邪魔と自らの意思で飲みませんでした。

抗うつ薬を飲むと眠気が強すぎて、3日後病院の精神科に行き、服用を止めたい旨を伝えで服用を中止しました。

 

特に強かったのは、『不安感』から、何十時間でも考え続けることがありました。最長寝ずに40時間くらい頭の中で考え込んでいました。

 

また、『睡眠障害』で、ほとんど寝なかったり、意図しないところで寝落ちしてしまったり。業務効率は大幅に低下しました。

 

なにより厄介だったのは『希死念慮』でした。意識のないところで動き出し、迷惑をかけていたようです。父親など止める人がいなければ大問題となっていたかもしれません。

 

薬を飲んでも、精神科で診察を受けても、二年半にわたり、一向に回復することはありませんでした。

どのようにしてうつ病から回復に至ったか

寛解と回復・完治の違い

まず、うつ病などの精神疾患において『完治』『回復』したとは言いません。

再発の可能性があることから『寛解』という言葉が用いられます。

 

寛解とは・・・完全に治ったとは言えないが、病状が治まって安定していることを言います。

 

僕は現在、『寛解』という言葉は使っておらず、『回復して完治した』といっています。

 

理由としては、当時のうつ病になった経緯5点すべてが解決したので、『同種の要因でうつ病』にかかることはないからです。

どのようにして完治することができたか

病院の精神科に通ってても埒が明かないと思った僕は、病院に通いながら、薬は身体症状が出ない程度にしか服用せず、うつ病の原因追及し、原因を解決していくことにしました。

 

頑張りすぎない、背負い込みすぎない、他者を信用して任せる、執着しないということを決意し・一時の感情に流されないように『不安』『恐怖』の根源をなくしていくことを次々と着実に実行しました。

 

具体的には以下の通りです。

 

  • 頑張りすぎない・・・過密スケジュールにせず、原則はゆとりを持つことにしました。ショートスリーパーとなることでさらに時間にゆとりを持つことができるようになりました。気持ちにもゆとりができることで、他者の意見を取り入れ、視野を広げることができました。
  • 背負い込みすぎない・・・弱さを見せないように常に強くいるということを止めました。他者を信用し、何かを任せるようになりました。
  • 夫婦関係の不和をなくす・・・子供に会えなくなるかもしれないという不安や恐怖から、仮面夫婦を続けていましたが、『離婚しないことや子供に会えなくなるかもしれない』という『執着心』を手放し、『離婚してもいい、子供に会えないのは仕方がない』と決意し、離婚して当時の奥さんに親権を譲りました。
  • 友人関係との不和をなくす・・・友人従業員とは友人関係も雇用関係もやめ、連絡を取らないようにしました。『友人を手放しました』
  • 会社の存続を諦める・・・この最後の一点が感情的に非常に辛いものでした。しかし感情に流されず、決意・行動しました。そう、『会社に執着するのをやめて手放しました』。5年かけて色々頑張って、苦労して、従業員たちの協力もあって大きくしてきた会社を閉鎖登記する決意をしました。今回の様々な経験を生かして、新しい事業で心機一転頑張ればいいと思うことですごく気分が楽になりました。

これらを実行して完結したとき、自然と不安や恐怖心が消え、仕事や人間関係などの嫌な気持ちが消えていました。

 

復職する際も不安がなく、自然と仕事を始めていました。

 

ああ・・・『完治したんだなって自然に感じることができるようになったんだな~』って思いました。

 

『またうつ病になるかも・・・』という不安や恐怖はごく一部の特定条件を除いて、他には一切ありません。

心理職になったきっかけ

単純に、自分の実体験を恋愛心理学・臨床心理学・対人関係心理学・コミュニティ心理学などの観点から、論理的にとことん分析・実践していたら、他者に活かせるようになっていたので、得た知識と技術(得意なカウンセリング技法は認知行動療法ナラティブセラピー)を用いて、同じようにつらい思いをしている人達の助言・支援をしてみよう。

 

と思うようになりましたとさ。

めでたしめでたし(いきなり記事終わり?)

 

ではまたね(@^^)/~~~

TOP