【難しい話をする人の心理|アドラー心理学の劣等感~優越コンプレックスの話】

わざわざ難しい話してくるのはなぜ??

何かわからないことがあって、友人などに聞くと難しい話をしてきて、疑問について、なおさらわからなくなることがありませんか?

 

劣等感についての話ですが、アドラー心理学が論理構成として説明しやすいのでかみ砕いて説明していきます。

 

理論から話していくので長くなりそうです。

理論的なお話、理論の発展、最後に結論という流れです。

 

ちなみにアドラー心理学用語と一般用語の意味が違うことがあるので、この言葉はこうゆう意味なんだ~ふーん程度に考えてください。

 

劣等感とは

劣等感とは・・・誰もが持っている気持ちで、しょっちゅー発生するもので、常に不安や恐怖などの感情を抱えながら、目標等のゴールに向かって行動し続けています。

 

自分自身が満足のいく段階に達したと感じるときに限り休息や自身の価値、さらには幸福感を得られます。

 

しかし、さらに劣等感は発生し続けるため、人は常に目標に向けて努力をして、成長してよりよい生活を過ごす(幸せを目指し)続けていくために必要な、生きるための原動力といえます。

 

 

ざっくりいうと、劣っているという感情はだれでも持っていて、成長に必要な気持ちということです。

 

※劣等性(器官劣等性)と劣等感は異なります。

劣等コンプレックスとは

劣等コンプレックスとは・・・改善や克服しようとせず、流されるままに進んでいくと発生する、劣等感をこじらせてマイナス方向にしかならない気持ちです。

 

劣等感は通常、将来の成功や発展を促進するためのものであるが、劣等コンプレックスは、適切によりよくなるためのゴール(目標・目的)を持っていない場合に起こります。

 

劣等感が巨大であるとき、自己肯定感が低い時に起こりやすくなり、建設的な方法(直接克服・代替克服)で克服することが難しい状態で、この状態を勇気をくじかれて無力感や他者への攻撃性に変化することもあります。

 

劣等コンプレックスは単純にいうと、克服する努力をせずに文句ばっかり言ったり、問題に対して他者に迷惑をかけようが何もしない状態です。

— 劣等感の克服の分類豆知識 —

ここで劣等感の克服についてちょっと触れておきます。

 

直接克服とは・・・問題に直面したときの問題そのものを克服して成長することです。

例)国語の文章題が苦手だから、なぜ苦手なのか色々考えて文章問題を解いたり、書いたりして苦手感をなくすことです。

 

代替克服とは・・・問題に直面したとき、問題は置いといて他の部分を伸ばすことで問題を克服したように満足感(気持ちだけでなく事実も含む)を得ることです。

例)国語が苦手なのは置いといて、数学が得意だから数学をさらに伸ばして得意になり、現時点で国語の苦手な部分を方しても気持ちや事実に満足することです。

 

回避行動とは・・・直接克服・代替克服も行わず、とにかく問題から逃げ回る行動です。逃げ回って問題が起きなければいいのですが、逃げた挙句問題に直面するときは大きな問題に発展していることが多く、おすすめできる方法ではありません。

 

劣等コンプレックスは回避行動を続けている状態で、他者へ迷惑をかけてでも回避することがあるので注意!直接克服か代替克服するようにしましょう。

優越コンプレックスとは

今の自分より優越感を得るために、劣等感を原動力に人は成長します。

しかし、劣等感を原動力として、克服をせずに嘘をついて人の気をひいたり、上から目線で話して優越感に浸る人がいます。

 

いわゆる虚栄心(見栄っ張り)というものです。

 

➀ 劣等感を克服しない ⇒ 優越コンプレックスに至る

➁ 劣等感を克服しない ⇒ 劣等コンプレックス ⇒ 優越コンプレックス

 

優越コンプレックスは、➀,➁どちらかの流れが多いです。

 

例1)『おれ、芸能人の知り合いがいるんだぜ~いいだろ~』などとうそをついてでも気をひこうとする行為

 

例2)『あれ?こんなのもわからないの??ええ~~~うそーーー』と見下す行為

 

 

優越コンプレックスの怖いところは、虚偽情報や人格否定が混じっていて、関わるとトラブルに発展したり、他者の自己肯定感を下げてしまうところにあります。

劣等感、劣等コンプレックス、優越コンプレックスから見えてくる難しい話をする心理

ではわからないからきいているのに、むずかしい言葉で返され、『えっ説明したじゃん!わかるでしょ?』となった時の教えてくれた人の思考と感情の問題です。

ではどのような種類があるのか、そしてそれぞれの対応を見ていきましょう。

 

➀ まだ勉強中で知識のない人にわかりやすく説明できない状態です。

⇒ これは仕方ない部分なので『専門用語ではわからないからかみ砕いて教えてほしい』と伝えましょう。かみ砕いて教えてくれなかったらその人には今回聞いた件は触れないようにします。

 

➁ まだ勉強中で知識に乏しく、さらに『えっ!!いまのわかりやすく説明したのにわからないの?』と、専門用語が難しいという感覚がない状態です。

⇒ 『専門用語でしょ??わからないよ、専門用語使わないで教えてほしい』と伝えましょう。専門用語を使わないと教えられない場合は現時点ではその人に聞くのはやめましょう。

 

➂ やっと本題です。わざと難しい言葉を使ってわかりにくく説明して『えっ??こんな簡単な専門用語もわからないの?やばいねww』というタイプです。

自分が優位に立ちたいために(嫌がらせで)難しい用語を故意で入れ込んできて、馬鹿にしてくる人がいます。

⇒ これが優越コンプレックス(虚栄心、見栄っ張り)であり、関わると後々トラブルに巻き込まれたり、人格否定されることになるので関わらないようにするのが無難です。

 

※➀,➁も優越コンプレックス予備軍かすでに少し沼にハマっているかもしれませんので慎重な対応が必要です。

 

理論が多めだったので大変長くなりました。。。

ではこのへんで。

またね(^_^)/

【子供の不適切行動の真意と解決方法|アドラー心理学応用】

子供が悪いことをしたときの真意とアドラー心理学の応用による解決方法

育児ってホントに大変だなあという内容のお話の一つです。

子供の非建設的な行動の真意に気づき、アドラー心理学を応用して解決していくための考え方の話です。

 

アドラー心理学を学んだことそれだけでは解決が難しいです。

理論を理解し、応用する考え方と実行していくことが大切です。

 

当時はアドラー心理学を知りませんでした。

知っていたら少しは落ち着いて解決できたかもしれません。

 

当時を振り返って考察していきます。

※奥さんと出てきますが、今は『元奥さん』で、当時の奥さんという意味です。

 

6万円分くらいのおもちゃを持ってきた事案を振り返る

僕の息子は現在中一です。

息子が小学校一年生のころの話。

 

小学校 ⇒ 学童保育 ⇒ 奥さんか僕が仕事の状況次第で息子を迎えに行く

という流れでした。

 

息子が小学校に通い始めた4月上旬。

小学校に上がってすぐに問題は起きました。

 

・担任の先生には学童に行くといって学校を出た

・息子が学童に来ていない

・玄関下にランドセルだけおいてある

 

非常に怖くなったので奥さんの職場に連絡して帰ってきてもらうことに。

16:30頃、息子が帰宅。

・・・めちゃくちゃ高そうな仮面ライダーのおもちゃを5個持ってる。

 

息子に状況を聞くと、当時の住まいの目の前にあるイトーヨーカドーから持ってきたと。

お金を払わずに・・・(2万円くらい)

とりあえずイトーヨーカドーにいって謝罪の上買い取りました。

 

学校と学童に見つかったと連絡後、僕は息子から話を聞いていました。奥さんは怒鳴り散らしました。

約10分話して、もうおもちゃは取らないと約束しその日は終了。

 

 

翌日、またもや似たようなことが起きました。

小学校にはいない。学童にも来ていない、ランドセルが玄関下に・・・

 

嫌な予感しかしない・・・

しかし、イトーヨーカドーに探しに行きましたが見つかりませんでした。

先日よりさらに怖くなったので、小学校の担任の先生、学童の先生、僕、奥さん仕事から帰宅の総出で探しました。

奥さんは念のためはやめに戻って自宅待機。

 

探してから1時間経過・・・見つかりません。

どうするか悩んでいたところ、息子帰宅と奥さんから連絡あり。

『またおもちゃをイトーヨーカドーからもってきたの!!信じられない!!お金は払うから、後はあんたがどうにかして!!私はもういやだ!!』

 

あ。電話切られた・・・まじか・・・

 

とりあえず帰宅。

小学校の担任の先生、学童の先生も集まっている。

息子号泣、奥さん激怒。

 

話を聞くとどうやらおもちゃをさらに持ってきたようだ(43,000円分くらい)

 

さすがに困った。

まずはイトーヨーカドーに連絡。事情を説明して謝罪、買取となりました。

 

奥さん激怒、今回は僕も怒ってしまい、げんこつしてしまいました。

で。説教。

 

で、怒ってばかりでは進まないと急に我に返り、一度冷静になり、おもちゃについて言及せず、ひたすら話を聞いてみました。

息子の真意

とにかく話を聴くこと1時間。

 

息子から出てきた言葉は、『学校に友達がいなくて、友達の作り方もわからない、学童に行くのもつらい』というものでした。

 

おもちゃを持って帰るのと関係ないじゃないと、奥さんまた激怒。

なぜか僕はこの時冷静でした。

とりあえず奥さんに怒るのをやめるように話して、今度は僕が息子に提案をする。

 

友達出来れば学童に行く?おもちゃもってこない?

 

と聞くと学童も行くし、おもちゃも持ってこないという。

 

その場にいた小学校の担任の先生と学童の先生の協力の元、翌日から実行。

すると驚くことに、おもちゃを持ってくることがピタリやみました。

 

実行した内容は以下の通り

・怒らずにひたすら話を聴き始めたこと

・小学校の担任の先生協力の元、同じクラスの子と一緒に学童に行くこと

・学童の先生が、学童に到着したことを小学校の担任に連絡してくれたこと

・学童から帰ったら、子供の話を聴くこと

 

※2番目と3番目は1週間くらい実行してくれました。ものすごーーーーーくにありがたかったです。

 

事案から解決の流れはこんな感じでしたが、アドラー心理学を学んだあと、わかったことですが、もっと簡単な方法で解決できていたかもしれないということが発覚。アドラー心理学観点からお話をしてきましょう。

アドラー心理学を応用した解決方法の考え方

まず前提として、この事案において奥さんが怒鳴るのは母親として、当然の流れです。

僕がげんこつしたことは反省点です。(子供に手をあげたのはこれが最初で最後)

 

アドラー心理学の理論的な観点からのアプローチは非常にシンプルです。

・怒鳴らない

・非建設的な行動には着目しない

・ひたすら話を聴く

というものです。

つまり、オレンジ色のから始めていれば収束は早かったかもしれないということです。

 

ここで注意しなければならないのは、アドラー心理学観点の上記三点をやれば解決が早いんだ!と思ってしまうことです。

 

子供はまだ人生経験も少なく、知識もなければ言葉数も少ないです。

おもちゃを持ってきたというのはいろんな人への嫌がらせ目的ではなく、なにをすればいいかわからない子供からの助けてほしいというサインだということをまずは親が気づいてください。

 

そのうえで、どのようにして、自分が怒らずに済むか・非建設的な行動に着目せずに済むか・話を聴くためには言葉の少ない子供にどのように接すればいいかなどを考えて、子供アプローチする必要があります。

 

ここで必要なのがアドラー心理学応用するということです。

応用方法は誰かに学ぶことができません。

親自身が見つけるしかないのです。

 

親自身がの心が疲れてしまわないように、頑張りすぎないことも注意してください。

TOP