精神疾患や、その他恋愛や悪癖修正等、有効な認知行動療法とは

posted in: 未分類 | 0

認知行動療法に有効と言われているものはうつ病・強迫性障害、パニック障害・不安障害・適応障害・解離性障害 ・パーソナリティー障害 ・PTSD ・双極性障害(躁うつ病)・統合失調症 ・睡眠障害・依存症です。

他にも応用はいくらでも利きます。

適切な認知行動療法は精神疾患に限らず、恋愛・婚活・夫婦生活・育児・家庭生活や悪癖修正や他の病気や性格の変化等色々な用途に用いることができます 。

少しでも気になることがありましたらお気軽にご連絡くださいませ。

Leave a Reply