ショートスリーパーについて|神奈川県横浜市のワイエスハートケア

恋愛電話相談・不眠症のご相談はご相談は神奈川県横浜市のワイエスハートケア メンタルマイスター®は90分本睡眠ショートスリーパー!
睡眠のあらゆる相談をお受けします。

  1. 睡眠の質の向上と短時間睡眠者(ショートスリーパー)との関係
  2. ショートスリーパーの定義の違い
  3. ショートスリーパーのメリット
  4. ショートスリーパーのデメリット
  5. ショートスリーパーになるための必須要件
  6. カウンセリングの流れ・相談可能日・料金表
  7. お問い合わせ

睡眠の質の向上とショートスリーパー
関係性

睡眠の質が向上するとよく眠れるショートスリーパー

睡眠の質の向上は、布団に入ったらスッ早く気持ちよく眠ることができ、サッとだるい感じがなく、疲労感もなく、睡眠慣性(起きた後の眠気)が発生する時間が短く、あるいは、睡眠慣性が弱い状態で起床して活動することができ、日中のパフォーマンスを高効率で引き出します。


短眠カウンセリングと言っていますが、目標は、自分にとって最高の睡眠の質を目指して最適化することで、日常出来ないようなことができるようになり、様々なメリットが発生します。


短眠カウンセリングのベースとなっている学問は、心理学・睡眠学・睡眠心理学・脳科学・生理学がメインとなっており、各学問に基づいて行う、完全オーダーメイド型カウンセリングを実施しております。お気軽にお問い合わせくださいませ。お気軽にお問い合わせくださいませ。


注意:神奈川県横浜市/ワイエスハートケアでは、ショートスリーパーの育成は行っていません。カウンセリングですので、知識の教授ではなく、《メンタルマイスター®》として、依頼者様にとってのゴールにどのように向かって進めていくか、依頼者様と話し合いながら、方針を考えて実行していきます。

ショートスリーパー
定義の違い

睡眠学上のショートスリーパーの定義

1日6時間未満の睡眠時間でも、心身不調なく元気に過ごせる人。


神奈川県横浜市ワイエスハートケア
ショートスリーパーの定義

  • ・本睡眠が3時間以下であること
  • ・心身不調なく元気であること
  • ・睡眠不足・睡眠負債が一切ないこと
  • ・眠気コントロールができること
  • ・上記4項目すべて満たしていること

短眠カウンセリングにて、どちらの定義を目指していただいても構いませんし、短眠カウンセリングとはいっても、趣旨は、睡眠の質の向上なので、自分の最適な、約7時間睡眠の質の向上を目指すのも自由です。睡眠の質の向上のために助言・支援を行います。



※《まずは、ショートスリーパーのメリットやデメリットを考慮した上で、短眠カウンセリングでどこまでの睡眠の質の向上を目指すか、判断材料の一つにしていただければと思います》

ショートスリーパー
メリット

90分本睡眠のワイエスハートケア代表者(2019年12月末時点でショートスリーパー歴:2年5か月)と、2時間半本睡眠の妻(2019年12月末時点でショートスリーパー歴:10か月)を例に出していきます。

ショートスリーパーのメリット1

『起きている時間が増える=自由時間増える』


例:年間計算の例
7時間睡眠の人にくらべて、3時間睡眠の人は、1日4時間の自由時間が増えます。4時間✕1年間の単純計算で、1,460時間も自由時間が増えます。


1日計算の例
年間計算ではなく1日で計算してみましょう。
睡眠7時間+通勤往復2時間+仕事10時間(休憩1時間、残業1時間)+身支度や食事、お風呂など約2時間=自由時間3時間。
3時間睡眠であれば、3時間+4時間=7時間の時間があります。
遊んだり、何か趣味に没頭したり、勉強することもたくさんあります。


2時間半睡眠の妻の一言
『まだ21時か・・・2時半に寝て5時起きだから、料理でもいっぱい作り置きしておこう』

ショートスリーパーのメリット2

『チャレンジ精神が旺盛になり、積極的に動く行動力が身につきます』
人間には恒常性維持機能(ホメオスタシス)があり、普段慣れてること以外は不快感であり、慣れてることから外れたことをあまりしたくないのが人間の本能です。 よく眠れる
メンタルマイスター®独自の短眠カウンセリングにてショートスリーパーになると、心にゆとりができることから興味の範囲(視野)が広がり、『失敗しても時間がある』など、恒常性に大きく囚われることなく、積極的に色々チャレンジしようという気持ちが自然と生まれます。積極性が強くなることで、同時に、ポジティブになりやすく、ネガティブになりにくくなります。そして時間に余裕がある分、ストレスも溜まりにくく、発散する時間を作出することができます。


メリット1のざっくり計算によれば、年間1460時間、勉強に充てられます。行政書士の試験勉強の目安が1,000時間ですから、十分勉強時間を確保できることで、チャレンジする自信が湧いてきます。


ワイエスハートケア代表者は2019年に難易度高めの試験を含め、取得した資格は7個になります。
ワイエスハートケア代表者の妻は2019年9月から資格試験の勉強を始めて取得した履歴書に書ける公的な資格は6個になります。

ショートスリーパーのメリット3

『通常の生活上、疲れることが大幅に減ります』
メリット3は、睡眠と疲労の関係性を理解して、疲れないココロ作りをするためです。 睡眠と身体疲労が関係ないんです。 スッキリ起きれる 一般的な睡眠学のお話。睡眠は脳を休息させ、脳疲労の回復する効果がありますが、身体疲労には触れていません。反対解釈すると、身体疲労の回復と睡眠は関連性がないということです。
そして、睡眠サイクル(1周期、80~100分)で最も大事なのは、1サイクル目であり、90分本睡眠までであれば、睡眠の質を高めれば問題はないという理論に達します。このことから、WHO基準でも厚労省の指針基準でも、睡眠学上でも睡眠不足には当たらず、睡眠負債も蓄積しないということです。
ただし、90分未満の本睡眠が続く場合は、相当努力が必要になり、問題も併発します。のちのデメリットに記載します。

では、心理学のお話。睡眠時間が短いとうつ病になって過労死してしまうのではないか。
脳疲労が回復するということは、日本で精神疾患の基準としている『DSM-5』に、うつ病やその他精神疾患になる要因は見当たりません。
事実として、ワイエスハートケア代表者はショートスリーパーになってから精神疾患は発症していません。ワイエスハートケア代表者の妻も、問題がないどころか、ふさぎ込んだ性格から性格に変化があり、社交性が増しています。

ショートスリーパーのメリット4

『風邪をひきにくくなり、風邪をひいても7時間睡眠の人より回復期間は短くなります』
ショートスリーパーは、生理学的には免疫力が下がるどころか、免疫力が総じて向上したことと類似の関係が生じます。 メリット4は、睡眠に関わりがある深部体温を理解することです。


睡眠前は深部体温が上がり、そのあと睡眠向けて深部体温が下がり始めて(手足の末端から放熱すると)、眠気を発生させやすくなります。眠くなると深部体温は下がり始め、起きてる間よりも寝てる間は深部体温が1℃くらい下がります。
つまり単純計算で、7時間睡眠の人より3時間睡眠の人の方が、4時間も深部体温が高い時間が長い=免疫力が高い時間が長くなるわけです。
実際の話、ワイエスハートケア代表者が、7時間睡眠のときは風邪が一定レベルまで回復する(咳がなかなか収まらない人)のに平均2週間かかりました。
ショートスリーパーになったあとは、平均10日で一定レベルまで回復するようになりました。


しかし、起きているほうが風邪の回復が早いからといって、起きようと無理をするのはあまりお勧めしません。ワイエスハートケア代表者は、風邪のピーク時は、5時間寝ることもあります。回復が遅くとも、寝ている間に風邪の辛さを認識しないなら、寝ているほうが気持ちが楽になります。

ショートスリーパーのメリット5

『胃腸の調子がよくなり、起きた直後から食欲がある』
気分爽快 朝起きてすぐに焼き肉をたべても胃腸の違和感が発生しません。さらには、稀に逆流性食道炎の軽減または消失することもあります。
横になっている時間が少ないということは、寝ることでかかる胃の負担が軽減するので、朝からもりもり食べることができます。



食欲が増すということは、デメリットも併発します。デメリット欄に記載します。

ショートスリーパーのメリット6

『睡眠の時間と睡眠時間帯のコントロール』
1~6のメリットはあくまで副産物の一つにすぎません。根本となる、メリットがあります。
睡眠時間と睡眠時間帯をコントロールできるようになることで、生活にかかる時間の調整幅が広がることです。 一般的な7時間睡眠だと、夜寝て朝起きるという選択肢がなく、活動が限定的になります。


睡眠時間も睡眠時間帯も「意図的に」調整し、生活リズムを毎日変化させることができます。
限定された活動時間帯に縛られないことから、時間に追われてうつなどの精神疾患になった人も、症状が軽減または消失します。 精神疾患改善、感情を安定させやすくなる、ストレス予防になります。

ショートスリーパー
デメリット

ショートスリーパーデメリット1

『やることがないととにかく暇』
やることがないと暇な時間が増えて寂しい気持ちになることがあります。自分を変えたいから一般的ではないことをやりたい!という人には向かないかもしれません。


やることが多くて時間が足りない!という人や、やることを作ることができる人にショートスリーパーに向いています。

ショートスリーパーデメリット2

『食欲が増すので太りやすい』

起きた時の胃のモヤモヤ感がないことで朝から食欲があります。さらには、活動時間が長いことで、食事回数が増えます。ワイエスハートケア代表者もワイエスハートケア代表者の妻も、ショートスリーパーとして活動し始めていたころは1日4食していました。


妻は現在1日3食に戻っていて、体重増加は見られません。
珍しい物好きのワイエスハートケア代表者は、某著書の本に記載の『1週間で4食で生活できる(仮タイトル)』を実践して生活できたものの、食事回数を1日3食に戻そうとしたリバウンドで体重が増加し、食事のコントロールをしながらダイエットをしているところです。。。
ショートスリーパーは食欲を自分で調整していく必要があるということです。

ショートスリーパーデメリット3

『ショートスリーパーで一生を終えた人のデータがない』
当然のことですが、一般的な睡眠時間と比較して、ショートスリーパーの絶対数が少ないことや、何十年という長期間を生きたショートスリーパーがいないこと、医学では遺伝子論以外のショートスリーパーを否定していため、細かく研究を行っている機関は存在しません。


睡眠不足でがんになる可能性が上がる、成人病になる可能性が上がる、寿命が縮むといった話がありますが、神奈川県横浜市のワイエスハートケア(メンタルマイスター®)の定義として、そもそも睡眠不足でもなく、睡眠負債もありません。実際に心身不調はなく、7時間睡眠のときよりより活動的で心身共に元気になります。


このことから、医学とショートスリーパー論が対立することから、徹底的なショートスリーパーを研究をしている研究者はおらず、統計もありませんし、何十年後の心身の状態や、病気や寿命の関係性が未知数です。


ちなみに、遺伝子論関係なくショートスリーパーになることは可能です。ショートスリーパーを実体験した人は、遺伝子論を否定しています。もちろん、朝方・夜型も遺伝子論関係なく調整可能です。

ショートスリーパーデメリット4

『睡眠時間を極端に短くすると情緒不安定になる可能性』
活動時間にゆとりができることで心にもゆとりが生まれる反面、場合によっては情緒不安定を引き起こす可能性があります。 90分未満の本睡眠自体は実行可能ですが、睡眠学と心理学の根拠としては、90分を下回る本睡眠のが何日も継続すると場合、脳疲労の回復が完全であるとは言い切れないため、➀情緒不安定になりやすい、➁集中力の低下・記憶力の低下などが考えられるという理論です。
ワイエスハートケア代表者が90分未満の本睡眠にしないのは、睡眠学と心理学の観点によるものです。


➀ 情緒不安定については、現段階では対処法がありません。このことから、ワイエスハートケアでは、90 分未満本睡眠を目指す短眠カウンセリングは実施しません。

➁ 集中力と記憶力は対処法が存在します。活動時間が長いことから、反復継続すれば、手続き記憶は強化されますし、集中力を発揮できる環境を整えれば問題ないと思います。

ショートスリーパー
必須要件

ここに記載しているのは、ショートスリーパーになるための最低限の必須要件です。必須要件のほか、個々により要件が異なります。詳しくはお気軽にご相談くださいませ。


  • 1.時間が足りないなどの『必要性』
  • 2.やらなければいけないことがたくさんあるという『危機感』
  • 3.ショートスリーパーになればなにか変わるという『他者任せではないこと』
  • 4.短眠カウンセリングで決めたことを受け入れて実行する『素直さ・積極性』
  • 5.今を楽しく生きる方法を追及する『探求心・現在時間の大切さ』

カウンセリングの流れ・料金表
お問い合わせ

短眠カウンセリングの流れ

※睡眠の質を究極に向上させ、短時間睡眠(いわゆるショートスリーパー)を目指す方は別途カウンセリング契約書がございます。
※神奈川県横浜市のワイエスハートケアでは、ショートスリーパーの育成は行っていません。心理学、睡眠学、睡眠心理学、生理学に基づく《メンタルマイスター®》独自の睡眠理論による、睡眠の質を高める技法です。睡眠の質を高めた結果、ショートスリーパーになることは可能です。ショートスリーパーを育成しているわけではありませんのでお間違いないようにお願い致します。

⇒ カウンセリングの説明・流れはコチラ

料金表

睡眠の質の向上カウンセリング料金表
短眠カウンセリング料金表
睡眠の質の向上カウンセリング
(1回/50分)
11,000円
①3時間睡眠・短眠カウンセリング
(サポート3か月間)
220,000円
②2時間睡眠・短眠カウンセリング
(①+サポート3か月間)
➀+66,000円
③90分以下・短眠カウンセリング
(②+サポート3カ月間)
②+330,000
短眠カウンセリング
契約範囲外相談
(1回/30分)
5,500円

※税込み価格です。

相談可能時間・相談可能曜日

【相談可能曜日・時間帯|相談可能内容】
日曜日 休日
(講座開催日になることあり)
月曜日
9:00~15:00
睡眠相談、その他総合相談
火曜日
18:00~1:00
恋愛電話相談のみ
水曜日
9:00~15:00
睡眠相談、その他総合相談
木曜日
18:00~1:00
夜間恋愛電話相談のみ
金曜日
9:00~15:00
睡眠相談、その他総合相談
土曜日
9:00~12:00
恋愛電話相談(講座開催日は相談不可)

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

TEL:045-294-8162

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはコチラ

カウンセリングの流れについて

カウンセリングの説明はコチラ

TOPに戻る