不眠症相談・カウンセリング

【不眠症などの睡眠障害に悩んでいる方へ-ご相談・睡眠カウンセリング】

不眠症などの睡眠障害で悩んでいる方へ

睡眠障害の諸問題

睡眠障害の社会問題

日本人の5人に1人(広義では3人に1人)と言われており、不眠症や起床困難など、なんらかの睡眠障害を抱えている人が増えているのが現状です。

 

睡眠障害であることから、不眠症など様々な症状を引き起こし、慢性的な睡眠不足に陥り、心身に不調をきたします。

多くの日本人が不眠症等の睡眠障害であることを日常として捉えており、また、なんだかんだ生活できていることから全力で治療・改善に取り組み、回復を目指す人が少ないです。

 

弊所代表者としては、睡眠カウンセリングにて不眠症等を改善し、睡眠障害全体の回復に取り組むことで、確実に現状より、睡眠に振り回されることが減り、心にゆとりを持ち、対人関係すらも良くなることを体感してもらいたいと望んでいます。

所見のない睡眠障害は医療機関では悪化することが多い

不眠症などの睡眠障害を抱えていて、医療機関に通われている方で疑問に感じたことはありませんか?

 

医師による診察を行い、不眠症等に関する改善点を聞き、睡眠薬の投薬を行っているのに、一向に治る気配がない。悪化していると感じる人もいるのではないでしょうか?

 

病気やけがで検査で客観的にわかる脳障害を受けたなど所見がない場合、医療機関の《睡眠薬》では不眠症等の睡眠障害治せません。

 

所見がない不眠症などの睡眠障害の場合、生活習慣の睡眠学観点から気を付けることや日々のストレスが原因であることが多いのです。

この場合、睡眠障害改善には、睡眠に特化した心理療法を含む睡眠カウンセリングが必要になってきます。

一般論では不眠症等の睡眠障害は改善しない

ほかにも、精神科などで医師に以下のように言われませんか?

  • 充分睡眠をとること
  • 7時間以上、少なくとも6時間は睡眠をとること
  • 3食しっかり食べること
  • 栄養バランスの良い食事をとること
  • 朝陽を浴びること
  • 毎日朝30分以上の軽い運動をすること
  • ストレスを溜めないこと

これらは間違いではありませんが、あまりにもあいまい過ぎて何をすればいいかわかりません。

充分睡眠をとることと言われても不眠症だから病院に来ているのだが・・・と突っ込みたくなるケースも出てくることもあるようです。

 

医師は主訴(何が問題なのか)を探そうとしません。

医師は不眠症以外は何らかの身体的・機能的要因の場合もありますが、不眠症についてはそうでないことも多く、医師はその改善方法を知りません。

 

結果ありきたりなことしか指導できず、改善することはないというわけです。

睡眠障害の改善には、睡眠カウンセリングで問題点を見つけ、解決策を提示し、どのように改善を目指すかというところが非常に大事というわけです。

不眠症等の睡眠障害を改善するためには

睡眠障害の種類

まずは、睡眠障害の種類と各々どのような症状なのかを把握する必要があるのでご説明します。

  • 不眠症・・・いつも眠る時間に眠れないという障害。入眠困難に関連して使われている睡眠障害の総称。
  • 過眠症(ロングスリーパー)・・・不眠症とは逆に、長く寝すぎてしまう事。目安として8時間を超える場合は過眠ととらえてもさしつかえありません。うつ病発症の原因にもなります。
  • 入眠困難・・・布団に入ってもなかなか眠れない。不眠症としてよく言われるのはこの入眠困難に当たります。
  • 早期覚醒・・・本来起きる時間よりもかなり早く目が覚めてしまうことです。
  • 中途覚醒・・・夜中に起きてしまい、再度寝ようとしても眠れない。
  • 起床困難・・・アラームに気づかずに起きれない。または、起きたけど起き上がることができずに寝てしまう。
  • 起床後覚醒維持困難・・・起床後30分以上経過しても眠気が強いことで日中の主業(仕事や勉強)に支障が出てしまう。
  • 日中の覚醒維持・日中の眠気・・・午後13~16時あたりによく眠くなってしまう。

不眠症・中途覚醒・早期覚醒はセットで症状が出ることが多いです。

睡眠不足と睡眠障害の関連性、不眠症の細かい定義については以下のブログ記事をご覧ください。

 

>> 睡眠不足から不眠症が起きる原因

 

睡眠不足が起きるメカニズムは以下のブログ記事になります。

 

>> 睡眠不足はなぜ起きる?メカニズムと画期的な解消法

 

睡眠障害を改善するには、➀睡眠不足から睡眠障害が発生するメカニズム➁客観的情報(身体や機能に障害が存在しないことの確認、指示した方法での睡眠記録など)と相談者様の➂主観的な感覚(この状態だと不眠症だと思う等)が必要です。

 

※本件説明における睡眠障害とは、睡眠時無呼吸症候群やナルコレプシーなどの睡眠に関する病気を除きます。

所見がないにも関わらず、睡眠において身体的・精神的・社会的な障害のある不眠症などの睡眠障害を訴えている人を指します。

仮眠をとることは必須

人は必ず本睡眠の12時間~16時間前後で眠くなります。

毎日23時ごろに眠くなる24時間周期の眠気をサーカディアンリズムといいます。

 

細かく分類すると、お昼すぎなど12時間ごとに眠くなることをセミサーカディアンリズムといいます。

 

つまり、不眠症などで睡眠不足になっているか健常であるかを問わず、お昼ごろにも必ず眠気がやってきます。

元気であっても通常は必ず眠くなるので、睡眠不足とは限らないので、睡眠不足と「決めつけない」ように十分注意してください。

 

このに日中の眠気を解決する方法が仮眠というわけです。

仮眠に取り方は非常に大事で、正しい方法で仮眠すると日中、勉強や仕事などのパフォーマンスは向上しますが、逆に、仮眠をとらないと日中のパフォーマンスは大きく低下し、事故や病気の元にもなりかねません。

 

いかに仮眠についてのブログ記事がありますので実行してみてください。

仮眠を適切に行うだけで不眠症が治る場合もあります。

 

>> 仮眠(パワーナップ)のコツ、仮眠の効果と仮眠の正しい取り方

医療機関で診察する必要性

まず、身体に問題がないか、内臓や脳などに異常がないか、医療機関で調べること強くお勧めします。

 

所見がないことを確認してからでないと不眠症等の改善にあたり、医療機関での治療が適切なのか、医療機関に頼らないほうがいいのか確定できません。

 

現在引き起こされている睡眠障害が身体関連にないことがないことを見つけることが、睡眠カウンセリングをスムーズに進め、不眠症や中途覚醒をはじめとする睡眠障害を早く改善させるカギになります。

 

また、公的な証明(診断書等)ができるのは医療機関の医師のみです。

仕事や学校を休むなどの場合には医療機関にかかることは必須になります。

 

弊所の睡眠カウンセリングで睡眠障害が改善してきても、病院等での診察は怠らないようにお願い致します。

不眠症改善に必要な睡眠薬の活用方法

所見がない不眠症などの睡眠障害のほとんどが、環境や習慣、人間関係、心の悩みや考え方など、病気以外の要因であることがほとんどです。

 

病院やクリニックの精神科・心療内科、睡眠専門医の診察で異常がみつかない場合、診察・治療・睡眠薬の投薬といった医学で治すことはできません。

睡眠薬は対処薬は対処療法にすぎず、いずれ効果がなくなり、より睡眠薬を増やすという悪循環をたどり、いずれうつ病などの精神疾患を引き起こします。

病院から睡眠薬をもらっている場合、睡眠薬が効いている間に速やかに睡眠カウンセリング等により、不眠症を改善を目指しましょう。

睡眠薬の危険性と正しい利用方法については、近々ブログで細かく書く予定なので、睡眠薬と不眠症の悪循環についての記事はしばらくお待ちください。

 

ワイエスハートケア横浜日吉の代表者もかつては不眠症・中途覚醒などの睡眠障害から睡眠不足となり、一般的な生活に支障をきたしていました。

 

しかし、病院で医師による治療・睡眠薬がなく、睡眠障害を自力(セルフカウンセリング)で改善することができました。

 

弊所では、睡眠健康指導士上級と睡眠検定1級、睡眠上位資格保持者である代表者が、睡眠学+睡眠心理学+脳科学+生理学といったさまざまな学問を応用し、さらにはショートスリーパーの睡眠知識を一般睡眠に応用し、依頼者様の睡眠障害の原因を分析します。

 

そして、睡眠障害の改善に向け、カウンセリングを重ねて現在の心身の状態とどのように向き合い、どのように睡眠障害を改善していくかを、相談者様のできるところから始めていき、完全回復を目指します。

 

代表者のプロフィール・資格・実績等はコチラ

不眠症を自力で解決したい方はコチラをご覧ください。

睡眠関連の講座はコチラ

不眠症・睡眠障害
お問い合わせ~改善の流れ

電話相談の場合

  1. 営業時間内に電話(予約不要)をください。
  2. 10分間無料相談できます。無料相談後も相談を続ける場合は下記口座に振り込みをお願いします。
  3. 本格的な継続相談の場合はインテーク面接(初回カウンセリング)にて、現在の症状・既往歴・環境・心身の状態など色々お伺いします。
  4. 心理アセスメントを行います。Excel睡眠記録シートをメールでお送りしますので記録をお願いします。ノートに記録していただいて、写メをとって送っていただいても構いません。
  5. 睡眠カウンセリング・心理療法を行っていきます。おおよそ2~16回が目安です。睡眠記録などはカウンセリング前に、事前にメールなどで送ってもらうことをお願いします。
  6. 睡眠カウンセリングにて不眠症等の睡眠障害が改善したとの相談者様の申告で終了します。
  7. 相談者様のご要望で睡眠カウンセリングのアフターフォローも行います。

>> カウンセリングの基本的な流れの説明はコチラ

対面相談の場合

  1. ご予約の上対面相談・睡眠カウンセリング可能な営業時間にお願いします。2回目以降の対面相談時間は営業時間外でも可能な限り調整致します。
  2. 睡眠障害の継続相談確定の場合はインテーク面接(初回カウンセリング)を行い、症状・既往歴・環境・心身の状態など色々お伺いします。
  3. 心理アセスメントを行います。睡眠記録シートを紙ベースまたはExcelでお渡ししますので記録をお願いします。
  4. 睡眠カウンセリングを行っていきます。2~16回を予定しておりますが、電話カウンセリングより短い期間で改善することを予定しております。カウンセリング時には睡眠記録シートの持参を必ずお願いします。
  5. 睡眠カウンセリングにて改善したと相談者様の申告により終了します。
  6. 相談者様の希望で、睡眠カウンセリングアフターフォローを行います。

>> カウンセリングの基本的な流れはコチラ

※ 以上が睡眠障害における電話カウンセリングと対面カウンセリングの基本的な流れになります。場合によっては変動します。

※ 睡眠カウンセリング時に用いる心理療法は、睡眠に応用した認知行動療法がベースとなります。

不眠症等の睡眠障害相談料金表

時間 電話相談料金 対面相談料金
30分 3,000円 5,000円
1時間(60分) 6,000円 10,000円
1時間30分(90分) 9,000円 15,000円

※ 税込み価格です。
※ 相談時間は90分までとさせていただいています。

不眠症等の睡眠障害電話カウンセリング料金表

時間 電話カウンセリング 対面カウンセリング
30分 5,000円 8,000円
1時間(60分) 10,000円 15,000円

※ 税込み価格です。

※ 不眠症等の睡眠障害カウンセリングは対面,電話共に最長で60分とさせていただきます。

入金先


銀行名:三井住友銀行(ミツイスミトモギンコウ)
支店名:溝ノ口支店(ミゾノクチシテン)
預金種別:普通口座(フツウコウザ)
口座番号:7682595
名義:ワイエスハートケア


相談時間帯と休日

曜日 電話相談&カウンセリングのみ 対面カウンセリングのみ
日曜日
休日 休日
月曜日 22:00~1:00 18:30~20:00
火曜日 22:00~1:00 18:30~20:00
水曜日 休日 休日
木曜日 22:00~1:00 18:30~20:00
金曜日 22:00~1:00 18:30~20:00
土曜日 22:00~1:00 18:30~20:00

睡眠の疑問にお答えするQ&Aコーナー

日中も眠いです。睡眠不足なのでしょうか?
日中は睡眠不足でなくても眠くなるのが一般的であり、睡眠不足になっているとは限りません。
これはセミサーカディアンリズムといって通常のサーカディアンリズム(約24時間)の半分である起床から12時間前後で強い眠気を引き起こすためです。学校などで午後イチの授業が特に眠くなるのはそのためです。まずは一日に一回、日中お昼休み頃(できれば13:00~15:00)、15分以下の仮眠をとることをお勧め致します。仮眠の正しい取り方については、以下のブログ記事を参照にしてください。
>> 仮眠(パワーナップ)のコツ、仮眠の効果と仮眠の正しい取り方はコチラ
夜中に目が覚めてしまいます。目が覚めないようにするにはどうすればいいですか?
寝る前に色々考えこんだり不安が多くなると不眠症(入眠困難)になるばかりでなく、中途覚醒や早期覚醒などにも連動していきます。夜中に起きないための工夫が必要になります。
自然に眠気を誘発するために、青や白の室内灯は避けて明るくしない。室温を19~23度前後、湿度を50%~60%にして、練る前に心身の状態をリラックス(ゆっくりストレッチをするなど)し、寝る前は考え込まないなどをまずは試してみましょう。個人的な暑さ寒さは布団で調整してください。
夜に、早く寝ようと頑張っています。やはり眠れません。どうしたら良いでしょうか?
頑張って寝ようとするほど眠れず、かえって不眠症(入眠困難)が引き起こします。
又、頑張って寝ようとすることが引き金となり、不眠症をこじらせ、うつ病等精神疾患を引き起こすこともあり、さらに睡眠障害全体が悪化するという負のスパイラルにハマってしまいます。
人間の身体には睡眠と覚醒を調節するリズムがあります。これを体内時計といいます。
朝起きて太陽の光が目に入ると体内時計がリセットされます。
朝陽が目に入った時間から、約14~16時間後に自然と眠くなります。この基本的にリズムを調整していくと、2週間~1か月で改善します。この方法で改善しない場合は、睡眠カウンセリングにて不眠症となっている原因を分析する必要があります。
なかなか眠れないので寝酒をしていますが、寝つきはいいけど、早く起きるし、翌日はねむい
眠るためにアルコールを使ってはいけません。
アルコールは麻酔効果があり、眠っているわけではありません。
どちらかというと気絶に近いです。気絶なので、起きた時に眠気もとれていません。
アルコールには早期覚醒も促進する効果もあります。ぐっすり眠る場合は、酔いを醒ましてから眠らないと後々慢性的な早期覚醒になってしまいます。
詳しくは、下記のブログ記事をご覧ください。
>> 寝酒による眠気の予防と寝てしまった時の対処法
自宅で出来る睡眠習慣の改善方法はありますか?
不眠症にならないための基本事項です。
普段も休日も問わず毎朝決まった時間に起床しましょう。
朝9時前までに外に出て運動(ウォーキングじゃなくて散歩程度でもOK)を15分以上行うのも有効です。
13時~16時前までに仮眠を15分以下とって、夕食以降のカフェインの摂取、寝る2時間前に湯船に浸かる、喫煙することは控えてください。
入眠2時間前までの入浴は38~40℃くらいのぬるめで済ませましょう。ぬるめの入浴にはリラックス効果があり、不眠症等の睡眠障害の予防にもなります。

トップに戻る矢印